MYCHRON4シリーズ

MYCHRON4シリーズのファームウェアは、PCから直接アップデートすることはできません。まず、データキーに新しいファームウェアをコピーし、その後でデータキーをMYCHRON4に接続します。

注:データキーにファームウェアアップデータを適用すると、内部のデータはすべてクリアされます。重要なデータは事前にPCにダウンロードしてから行ってください。


まず、ダウンロードした最新のファームウェアアップデータを起動します。

*1の部分に、このアップデータに含まれるファームウェアのバージョンが表示されます。

なお、MYCHRON4に接続されていれば、表示されている各モジュールのファームウェアも同時にアップデートが可能です。

次にデータキーをUSBポートに挿します。
MYCHRON4に接続した状態ではなく、データキー単独で挿してください。

しばらくするとデータキーが認識され、データキーに含まれているファームウェアのバージョンが表示されます。

この例ではどちらも同じですが、通常はデータキー内部のファームウェアは少し古いバージョンになっているはずです。

次に、データキーをMYCHRON4に接続した際に、どのような動作をさせるかを選択します。

ダイアログ下部にあるチェックボックスで選択します。

*1:バージョンが新しい場合のみアップデート作業を行う。
データキーに入っているファームウェアが、MYCHRON4や拡張モジュールに入っているファームウェアよりも新しい場合のみ、アップデート作業を行います。

*2:常にアップデート作業を行う。
MYCHRON4や拡張モジュールに入っているファームウェアのバージョンにかかわらず、データキーを接続するたびにアップデート作業を行います。

*3:アップデート作業は行わない。
MYCHRON4や拡張モジュールに入っているファームウェアのバージョンが古い場合も含め、データキーを接続してもアップデート作業は行いません。

通常は*1を選択しておいてください。

注:*2を選択すると、データキーを接続すると常にファームウェアアップデート作業が行われてしまうため、データのダウンロードができなくなります。古いファームウェアに強制的に戻す場合などを除いて、使用しないでください。

チェックボックスにチェックを入れて、「PROCEED」をクリックします。

データキーのメモリに入っている内容は、全て削除されます。

重要なデータが入っている場合には、いったん中止してPCにダウンロードしておいてください。

よければ、「はい」をクリックして継続します。

データキーにMYCHRON4や拡張モジュール類のファームウェアがコピーされます。

全てのコピーが終了すると、ダイアログが表示されます。

「OK」をクリックして終了し、データキーをPCからはずします。

この後、データキーをMYCHRON4に接続し、電源を入れます。この際、拡張モジュール類も接続しておいてください。拡張モジュールのファームウェアも最新に更新するためです。

すると、自動的にデータキーのファームウェアを認識し、アップデート作業が行われます。
アップデート作業が終了するまでに、MYCHRON4が何回か再起動する場合がありますが、その間は電源を切らないでください。全ての作業が終了すると、MYCHRON4の画面上に " --- END ---" と表示され、LEDが点滅しながら、自動的に電源がオフになります。

これで、アップデート作業は終了です。

Comments