各種解析表示画面

各種解析表示方法についての詳細です。

解析方法によっては、特定の計測データが必要な場合があります。例えば、GPS表示にはGPSデータが、サスペンション解析にはサスペンションストロークが必須です。
また、多くの解析にはマップデータと参照速度が必須となります。

なお、表示できる解析方法は、車両選択ダイアログで選択した種類によって異なりますが、ここではすべて取り上げています。


横軸を距離(時間)でプロット

データロガーの解析でもっとも基本となるグラフです。

速度を計測している場合には、参照速度として算出して横軸を距離でとることができますが、速度を計測していない場合には時間をとることしかできません。

横軸を切り替えるには、「編集」メニューの「時間/距離 切り替え」を選択するか、ツールバーのアイコンをクリックします。


「オプション」メニューの「設定」を選択するか、ツールバーのアイコンをクリックすると、このグラフに関する設定ができます。


プロットチャンネル設定

グラフ表示に関する設定を行います。 

  • グラフ線幅
    • グラフの線幅を指定します。
  • カーソルタグ
    • カーソル位置とグラフの線が交わる点に表示するタグの大きさを指定します。
  • チャンネルタグを表示
    • カーソル位置の各チャンネルの数値をグラフ上部にタグとして表示する機能のON/OFFを切り替えます。
  • タイム比較を表示
    • 複数のラップもしくはテストを同時表示させたとき、タイム比較グラフを下段に表示する機能のON/OFFを切り替えます。
    • この機能は、表示しているデータに参照速度が含まれていないと利用できません。
  • デルタで増減率を表示
    • 2点間のデータを比較するデルタ表示の際、絶対値の差だけではなく増減率を表示する機能のON/OFFを切り替えます。


横軸を周波数でプロット

FFT解析表示です。横軸が周波数となります。

「オプション」メニューの「設定」を選択するか、ツールバーのアイコンをクリックすると、このグラフに関する設定ができます。

設定は横軸を距離でプロットと同様です。



X-Yプロット

横軸に任意のチャンネルを指定して、グラフを表示します。

横Gと前後Gを表示させると、いわゆるG-Gダイアグラムを表示させられます。

「オプション」メニューの「設定」を選択するか、ツールバーのアイコンをクリックすると、このグラフに関する設定ができます。

ヒント:X-Yグラフに表示される範囲は、通常のプロットグラフで表示されている範囲と等しくなります。このため、通常のプロットグラフである特定のコーナーにズームインすると、そのコーナーだ


X/Y プロット設定

X-Yプロットグラフ表示に関する設定を行います。

上段のチャンネルリストから横軸として使用したいものを選択します。

下段では、グラフの表示方法とその線幅や点幅を選択します。プロットポイントを点にすると、いわゆる離散グラフとなります。

カーソルタグで、カーソル位置に表示されるタグの大きさを指定します。


ヒストグラム

ヒストグラム表示を行います。
エンジンの使用回転域などの解析に利用します。

複数のチャンネルやデータを同時表示している場合の表示方法は、「オプション」メニューか右上のアイコンで切り替えます。

「オプション」メニューの「設定」を選択するか、グラフ右上のアイコンをクリックすると、このグラフに関する設定ができます。


ヒストグラムパラメータ

ヒストグラム表示に関する設定を行います。

ヒストグラム形式で、各範囲の割合を時間表示とするか、パーセント表示とするか選択します。

分割数で、縦軸の分割数を入力します。なお、縦軸の最小・最大範囲は測定情報の縦軸の数値となります。

「バーの数値を表示」ボックスにチェックを入れると、ヒストグラムバーの横に数値が表示されます。


GPSデータ

GPSモジュールによって計測されたデータが記録されている場合、その位置情報を使用して3次元の走行軌跡を表示できます。

「GPS」メニューの「グリッド」を選択するか、ツールバーの左側ボタンクリックすると、画面上にグリッドを表示することができます。

「編集」メニューの「3Dチャンネル」を選択するか、ツールバーの右側ボタンクリックすると、GPS表示に関する設定ができます。



3Dチャンネル設定

GPS表示に関する設定を行います。

左のリストから表示したいチャンネルを選択し、サーキットの各部での数値にあわせて表示する方法を、右側で選択します。

  • スムーズを選択すると、入力した最小値・最大値の範囲で、連続的に色を変化させます。
  • バンドを選択した場合、指定した設定で離散的に色を変化させます。
  • 「最大値よりも大きい数値を表示」ボックスのチェックをはずすと、バンド幅の最大値よりも大きい部分は表示されません。「最小値よりも小さい数値を表示」ボックスも同様です。
  • 数値桁数は、数値入力フィールドに表示できる小数点以下の桁数を変更します。


ラップタイム

計測されているラップタイムの一覧を表示します。区間タイムを計測している場合には、同時に表示されます。これは、区間タイムリポートとは異なり、ラップセンサ (もしくはGPS)によって計測された、絶対値のみの表示です。

「オプション」メニューの「設定」を選択するか、グラフ右上のアイコンをクリックすると、この表に関する設定ができます。


ラップタイム設定

ラップタイム表示に関する設定を行います。

左上の印刷フィールドで、印刷時のレイアウトを設定します。
表示方法フィールドでは、区間タイム計即時の表示方法を選択します。区間ごとの絶対値か、ラップ開始時からの累積値(いわゆるスプリットタイム)を選べます。

右側のフォーマットフィールドで、表示する際の色などを設定します。



区間タイム

計測されている参照速度と、マップデータをもとに算出された区間タイム一覧を表示します。

一覧の各項目の詳細は下記のとおりです。
  • 「ヒスト」ボタン
    各区間の推移をヒストグラム形式で表示します。
  • 理論的ベストラップ
    各区間のベストを累積した数値です。
  • ベストローリングラップ
    ラップマーカーの位置が別の場所だったと仮定した場合のベストタイムです。図の例では、実際のラップマーカー位置がベストタイムになっています。
ツールバーのアイコンで、表示形式を選択できます。右側のアイコンをクリックすると、ヒストグラム形式でグラフィカルな表示が可能です。

「オプション」メニューの「設定」を選択するか、グラフ右上のアイコンをクリックすると、この表に関する設定ができます。

ヒント:ピットイン・ピットアウトの周回などが無効になっていないと、理論的ベストラップなどの計算に大きな誤差が発生します。詳細はラップマネージャをご覧ください。


区間タイム設定

区間タイムリポートに関する設定を行います。

左上の印刷フィールドで、印刷時のレイアウトを設定します。
表示方法フィールドでは、区間タイム計即時の表示方法を選択します。区間ごとの絶対値か、ラップ開始時からの累積値(いわゆるスプリットタイム)を選べます。
数値/グラフフィールドで、表示方法を選択します。これは、ツールバーアイコンの操作と同じです。

右側のフォーマットフィールドで、表示する際の色などを設定します。


エンジンRPM解析

記録されているデータの物理量から、エンジンの出力性能などを算出し、表示します。
算出データは、計測データや空気抵抗係数などの各種パラメータの数値を厳密にするほど、精度が向上します。

使用方法の詳細については、英語版マニュアル(PDF 522kB)を参照してください。


サーキットリポート

サーキットの各部における、データをわかりやすくマップデータ上に表示します。

使用方法の詳細については、英語版マニュアル(PDF 252kB)を参照してください。



チャンネルリポート

記録されているチャンネルの各種統計値を一覧表形式で表示します。

右上の「追加/削除」ボタンをクリックするか、「編集」メニューの「リポートの追加/削除」を選択するか、ツールバーのをクリックすると、表示するチャンネルと条件を選択できます。

また、「オプション」メニューの「設定」を選択するか、グラフ右上のアイコンをクリックすると、この表に関する設定ができます。


リポートの追加/削除

リポートに追加する項目を選択します。 

左側のリストから、追加したいチャンネルを選択します。

中央の表示条件から、表示したいものを選択して「-->」をクリックすると、追加されます。「==>」で全ての条件が追加されます。
表示から取り除くためには、右側の表示済みの項目から「<--」や「<==」ボタンで取り除きます。

「測定ツールバーに表示ON/OFFボタンを追加」ボックスにチェックを入れると、これらの操作を計測ツールバーのボタンから簡単に行えるようになります。


チャンネルリポート設定

チャンネルリポート表示に関する設定を行います。

  • 印刷フィールド
    • 印刷時のレイアウトを設定します。
  • まとめて表示する項目を選択フィールド
    • 区間タイムの実測データがある場合や、マップデータがある場合、それらの各区間ごとにも表示します。
  • フォーマット
    • 各項目の表示フォーマットを設定します。


サスペンション解析

記録されているサスペンションストロークセンサデータから、各種解析を行います。

使用方法の詳細については、英語版マニュアル(PDF 380kB)を参照してください。


4輪セットアップ解析

記録されているデータから、走行中の車体の挙動を模式図で表示します。



ダッシュボード

実際のメーター表示を模した表示を行います。








Ċ
wataru kawakami,
2008/10/28 3:44
Ċ
wataru kawakami,
2008/10/28 3:44
Ċ
wataru kawakami,
2008/10/28 3:45
Comments