ロガーID

Race Studio 2のメニューやボタンで「ロガー情報」をクリックすると、コンピュータに接続されているデータロガーの情報が表示されます。


データロガーが拡張モジュール接続に対応している場合には、CAN - ネットワーク情報というダイアログが表示されます。

図はMXL ProにLCU-ONEとGPSモジュールを接続している場合のダイアログです。

ロガーマネージャで「CAN-Net情報」ボタンをクリックしても同じダイアログが表示されます。

表示される内容は下記のとおりです。
  • N:データロガーに認識されている順に、モジュールに番号が割り振られます。
  • ロガーカテゴリ:マスター(データロガー本体)か拡張モジュールかを表示します。
  • ロガー形式:各モジュールの内容を表示します。
  • 拡張名称:CANネットワーク上のモジュールの名称を表示します。
  • ロガーID:シリアルナンバーです。
  • ID日付:データロガーの製造年月日です。
  • ファームウェアバージョン:それぞれのファームウェアバージョンです。
  • ファームウェア日付:ファームウェアがリリースされた日付です。

データロガーが拡張モジュール接続に対応していない場合には、ロガー情報ダイアログが表示されます。

図はデータキーの例です。

ロガーマネージャで「ロガー情報」ボタンをクリックしても同じダイアログが表示されます。

表示される内容は下記のとおりです。
  • ロガーチャンネル数:データロガーのチャンネル数です。(図はデータキーなのでゼロです)
  • メモリ:データロガーのメモリ容量です。使用されている量や、空き容量ではありません。
  • ロガーID:シリアルナンバーです。
  • ID日付:データロガーの製造年月日です。
  • ドライバ vers. / VID: USBドライバのバージョンとベンダーIDです。
  • BOOTER:データロガーのBOOTERの日付とバージョンです。
  • ファームウェア:データロガーのファームウェアの日付とバージョンです。

Comments