MXLシリーズ

MXLシリーズのロガーマネージャの詳細です。

なお、MXLシリーズの場合、ロガーマネージャには含まれませんので、
センサのキャリブレート
オンライン表示
センサカスタマイズ
はメニューから行ってください。

新規設定(インストール後最初の起動)

Race Studio 2をインストールした後、最初にロガーマネージャを起動した場合など、設定ファイルが一つもないと、新規設定ファイル作成のダイアログが表示されます。

使用するデータロガー形式と、ECUのメーカーとモデル(ECUとシリアル通信を行っている場合)を選択して、後でわかりやすいように設定名称と車両名を入力してください。

また、使用する単位系を別のものにしたい場合は、変更してください。


メイン画面(設定ファイル選択タブ)

ロガーマネージャを起動した例です。

各部の詳細は次の通りです。
  1. ロガー操作ボタン (1)
    • 送信
      設定をデータロガーに送信します。
    • 受信
      データロガーから設定を受信し、あらたな設定として登録します。
    • CAN-Net情報
      接続しているデータロガーおよび接続されている拡張モジュールの情報を表示します。
    • ロガークロックセット
      ダイアログが表示され、PCの現在時刻を用いてデータロガーの内臓クロックをセットできます。
    • SmartyCam設定
      SmartyCamの仮想チャンネルと、MXLのチャンネルとの割り当てを行います。
  2. 情報表示 (2)
    • 選択されている設定の情報を表示します。
      • 記録可能時間
        データロガーに記録可能な最大時間の概算値を表示します。この時間は、チャンネルの設定により変わります。
      • GPSを含む時間
        GPSモジュールを接続している場合は、こちらが記録可能時間となります。
      • トータルサンプリングレート
        拡張モジュール類も含めた、記録する各チャンネルのサンプリングレートの合計値です。この数値により、記録可能時間が決まります。また、トータルサンプリングレートの最大値は、モデルにより異なります。サンプリングレートについては、チャンネル設定を参照してください。
      • マスターのレート
        データロガー本体のみのトータルサンプリングレートです。
      • 拡張モジュールのレート
        接続されている拡張モジュール類のトータルサンプリングレートです。
      • 拡張モジュール数
        接続されている拡張モジュールの数です。
  3. 設定タブ (3)
    • 機能ごとに設定項目がまとめてあるので、このタブで切り替えます。詳細は次項以降を参照してください。
  4. 設定データベースの操作ボタン (4)
    • 新規作成
      新たな設定を作成します。
    • 削除
      選択している設定を削除します。
    • 複製
      選択している設定のコピーを作成し、データベースに新たに登録します。
    • 読み込み
      他のコンピュータで書き出した設定を読み込んで、データベースに新たに登録します。
    • 書き出し
      他のコンピュータで読み込めるように、選択している設定をファイルに書き出します。
  5. 登録されている設定一覧 (5)
    • データベースに登録されている設定の一覧が表示されます。選択したファイルが読み込まれ、(2)の情報表示部分に詳細が表示されます。
    • 設定の名称は変更できます。ロガーの機種や、接続しているECUなどの情報はメニューで選択できます。


    チャンネル設定

    「チャンネル」タブをクリックすると、図のような画面に切り替わります。

    「設定ファイル選択」タブで選択されていた設定の、各チャンネルに関する詳細を変更できます。
    • Speed_Nフィールド
      速度チャンネルのパラメータを変更できます。MXL Pro/Pro05では、4チャンネル分表示されます。
      • タイヤ外周長
        速度センサが取り付けられているタイヤの外周長を入力します。
        バイク用のP&Pキットのようにセンサがドライブスプロケットにある場合は、ファイナルギア比で割った数字となります。
      • タイヤ一回転毎のパルス数
        速度センサのトリガーの数を入力します。Aimのカート用およびバイク用センサでは、取り付けた磁石の数になります。
    • チャンネルID
      ロガーのチャンネルIDを表示します。この項目は変更できません。
    • 有効/無効
      センサを接続せず、使用していないチャンネルは、「無効」にすると記録時間を長くすることができます。
    • チャンネル名称
      チャンネルに任意の名称をつけることができます。ただし、使用できるのは英数字のみです。データロガー側が対応していないので、日本語は使用しないでください。
    • サンプリングレート
      チャンネルのデータを記録する周波数を設定します。例えば、10Hzにすると、毎秒10回(0.1秒毎)の記録となります。サンプリングレートを大きくすると、より細かな解析が可能になりますが、記録時間は短くなります。
      No_Memを選択するとデータは記録されませんが、チャンネルを無効にする場合と異なり、ディスプレイへの表示は可能です。
      選択できるサンプリングレートはチャンネルにより異なります。
    • センサ形式
      接続しているセンサにあわせて、形式を選択します。例えば、排気温度など黄色い補償導線のセンサは「熱電対」を、それ以外の黒いケーブルの温度センサは「サーミスタ PT100」を選択します。また、油圧・燃圧センサは「油圧 長野計器 KM10」です。そのほかのセンサについては、センサのデータシートなどを参照してください。
    • 単位
      一部のセンサについては、表示桁数などを変更できます。
    • グラフ最小値 / グラフ最大値
      Race Studio 2 Analysisでグラフ表示を行う際の、縦軸の範囲を設定します。これらがデータロガー自体の動作に影響を与えることはありません。
    • パラメータ (通常は非表示)
      絶対量変位系やピトー管など、一部のチャンネルではパラメータ設定が必要です。このようなチャンネルをリストで選択すると、パラメータ設定が画面下部に表示されるので、必要に応じて修正してください。


    システム設定(主にディスプレイ関係)

    「システム設定」タブをクリックすると、図のような画面に切り替わります。

    「設定ファイル選択」タブで選択されていた設定の、ディスプレイ関係や全般的な動作の詳細を変更できます。以下、フィールドごとに解説します。
    • Rpmフィールド
      • 「AIMセンサ」 / 「ECU信号」ボタン
        AimのRPM入力を利用しているか、ECUからのシリアル入力を利用しているか、選択します。なお、ECUのパルス信号をRPM入力にとっている場合は、Aimセンサとなります。
      • 倍率
        エンジンが一回転するごとにロガーに入ってくるパルスの数にあわせ、倍率を選択します。エンジン形式やパルスの取得場所などによって異なりますので、エンジンの仕様を確認の上、設定してください。この設定はECUからのシリアル通信の場合には不要なため、選択できません。
      • 最大値
        タコメーターバーグラフの最大値を選択します。なお、この設定値よりも高い回転数が入力されると、データロガーはノイズとみなしてカットしたり、数値を半分にしたりします。必ず、使用する最大回転数よりも大きい数字にしてください。
      • オーバーレブログ(いわゆるスパイ針機能)
        入力した数値を超えてしまった場合、指定した警告ランプを点灯させます。このランプはデータをダウンロードするまで消灯しないため、データをダウンロードしなくてもオーバーレブさせたかどうか判断できます。この機能を使用すると、指定した警告ランプをチャンネルの警告としては利用できなくなります。
    • ギアセンサフィールド
      • ギアインジケータの設定を行います。利用しない場合は「なし」、ギアセンサを使用する場合は「ギアチャンネルN」、ECUからのシリアル通信で取得するギア値を使用する場合は「ECU」、速度と回転数の比率から計算させる場合は「算出」、ニュートラルだけセンサ信号を使用しそれ以外は計算させる場合は「算出+ニュートラル信号」を、それぞれ選択します。また、算出させる場合は最大ギアの数を入力します。
        なお、ギアセンサを入力するのは、一番最後のアナログチャンネルに固定されます。
    • 回転警告ランプフィールド
      • それぞれ、中央写真にある回転警告ランプに対応するボックスに、点灯させたい回転数を入力します。
    • 速度フィールド
      • ディスプレイに表示させる速度チャンネルを選択します。また、ここで選択された速度が、算出ギアの基準となるほか、解析時の参照速度となります。
    • GPSラップタイム計測使用フィールド
      • GPSモジュールやSmartyCAMなどを接続していて、ラップタイム計測をGPSで行う場合には、このフィールドにチェックを入れます。
      • ラップマーカー位置の精度を選択します。通常は、四輪/バイクの10mにセットしてください。
      • ラップタイム計測地点の設定は、MXL本体によるボタン操作で行うか(GPSモジュールのマニュアルを参照してください)、GPSマネージャを利用して送信します。
    • ラップフィールド
      • 無視する時間
        ラップ信号を受信したあと、次の信号入力を無視する時間を設定します。これにより、赤外線式ラップセンサを利用している場合の誤作動を防いだり、複数の磁 石が埋設されているコースで磁気式ラップセンサを利用している場合で、区間タイム計測をやめてラップ計測のみにしたりできます。
      • 区間(合計マーカー)数
        ラップマーカーをいくつ設置しているかを入力します。複数の磁石が埋設されているコースでは、合計埋設数になります。なお、上記の無視時間の設定を間違えると、ラップタイム計測もうまくできなくなりますので、磁気式ラップセンサで区間タイムを計測する場合には、3から5秒程度の小さい数字にしておいてください。
    • タイム表示フィールド
      • ラップタイム表示
        常に最後に計測されたラップタイムを表示します。
      • オドメーター表示
        オド(もしくはトリップ)メーターを表示します。ラップセンサに信号が入ると、自動的にラップタイム表示に変わります。
      • 経過時間表示
        ラップ信号が検出されてからの経過時間を表示します。ラップ信号が検出されるたびに、ゼロにリセットされます。
    • チャンネルの警告フィールド
      • 左右の警告ランプについての設定です。各ランプごとに、使用するチャンネルとしきい値を入力してください。
      • しきい値の左のボタンを「>」と「<」に切り替えることで、条件を高い場合と低い場合に切り替えられます。
      • しきい値をゼロにすると、無視されます。
      • 「チェックされた警告が有効になる条件」ボックスにチェックを入れることで、誤って警告ランプが点灯することを防止できます。
        • まず、ボックスの下の条件を指定します。
        • 次に、条件付のボタンを「On」に切り替えます。
        • 右図の例では、エンジン回転数が2000rpm以上のときだけ、バッテリ電圧が13Vよりも低下したらLED1が点灯します。条件付のボタンが「Off」になっているものは、エンジン回転数が2000rpm以下でも、警告条件が満たされれば点灯します。
      • 「警告ランプと測定チャンネルをリンク」ボックスにチェックを入れると、下段の測定値表示フィールドのチャンネルが自動的に警告ランプに割り当てられ、固定されます。
    • 測定値フィールド
      • ディスプレイに表示させるチャンネルを選択できます。また、それぞれディスプレイに表示させる略称を入力できます。
      • 「フィールド1」と「フィールド2」には、常時数値が表示されます。
      • 「フィールド3」と「フィールド4」は、MXL本体の「>>」ボタンで切り替えられる2ページ分を指定できます。ただし、この部分は警告ランプが点灯した場合などに、他のメッセージが表示される場合もあります。また、「メッセージ表示」ボックスにチェックが入っていると、表示されません。
    • メッセージ表示フィールド
      • チェックを入れて、テキストを入力すると、常に固定テキストが表示されます。
    • 起動時テキストフィールド
      • システム起動時に表示される、ウェルカムメッセージを入力できます。


    CAN-拡張設定

    接続している拡張モジュールについての設定を行います。
    拡張モジュールを使用していない場合には、この作業は不要です。
    なお、GPSモジュールについては、設定は不要です。接続すればそのまま使用できます。

    「CAN-拡張設定」タブをクリックすると画面が切り替わり、「拡張モジュール設定はありません」と表示されるので、「拡張を追加」ボタンをクリックします。

    なお、設定を行う際には、全ての拡張モジュールを接続した上で、データロガーをPCに接続することを推奨します。

    すると、図のような拡張モジュールの種類を指定するダイアログが表示されるので、接続している拡張モジュールを選択します。

    拡張モジュールに固有の名称をつけるため、英数字を入力してください。
    また、「接続されている拡張モジュールからシリアルを取得」ボタンをクリックして、シリアルナンバーを取得してください。
    これは、同じ種類の拡張モジュールを複数使用した際の混乱を防ぐためです。
    すると、追加した拡張モジュールに関する設定画面が表示されます。

    拡張モジュールに関する設定の詳細については、拡張モジュールのマニュアルを参照してください。

    さらに、拡張モジュールを追加する場合には「拡張を追加」をクリックして、同様に追加していきます。
    拡張モジュールが追加されると、新たにタブが表示されるので、必要に応じて切り替えて設定を行います。
    また、不要な拡張モジュール設定は、「拡張を削除」ボタンをクリックして削除します。図のようなダイアログが表示されるので、不要なものを選択して削除してください。

    モデルごとの主な相違点について

    同じMXLシリーズでも、モデルにより利用できる機能に違いがあるため、設定項目も異なります。主な相違点は下記の通りです。
    • Strada
      • アナログチャンネル数が8なので、ギアセンサ入力はチャンネル8になります。
      • データロガー機能が無いため、チャンネルのサンプリングレートは全てNo_Memとなり、記録可能時間はゼロとなります。
      • 12V電源が供給されないため、ジャイロや外部GなどのセンサはCH1からCH3には接続できません。
    • Pista
      • アナログチャンネル数が8なので、ギアセンサ入力はチャンネル8になります。
      • 12V電源が供給されないため、ジャイロや外部GなどのセンサはCH1からCH3には接続できません。
    • Pro
      • アナログチャンネル数が8なので、ギアセンサ入力はチャンネル8になります。
      • 速度チャンネルが4つあるため、チャンネル設定の上部に全て表示されます。
    • Pro 05
      • アナログチャンネル数が12なので、ギアセンサ入力はチャンネル12になります。
      • 速度チャンネルが4つあるため、チャンネル設定の上部に全て表示されます。
      • 12V電源が供給されないため、ジャイロや外部GなどのセンサはCH1からCH6には接続できません。
    • プラグアンドプレイキット
      • チャンネル設定や、警告ランプ設定などが機種ごとに設定済みです。新規設定作成時に、モデルを合わせてください。なお、設定変更が可能な項目などは、プラグアンドプレイキット付属の専用マニュアルを参照してください。

    Comments