SOLO DL


SOLO DL設定の詳細です。

なお、SOLO DLの場合、
オンライン表示
はメニューから行ってください。

新規設定(インストール後最初の起動)

SOLO DL 新規設定
RaceStudio 2をインストールした後、最初にデバイス設定を起動した場合など、設定ファイルが一つもないと、新規設定ファイル作成のダイアログが表示されます。

接続するECUのメーカーとモデルを選択して、後でわかりやすいように設定名称を入力してください。

また、使用する単位系を別のものにしたい場合は、変更してください。


メイン画面

SOLO DL 設定メイン画面
SOLO DLのデバイス設定を起動した例です。

各部の詳細は次の通りです。
  1. ロガー操作ボタン (1)
    • 送信
      設定をSOLO DLに送信します。
    • 受信
      データロガーから設定を受信し、新たな設定として登録します。
  2. 設定マネージャ表示ボタン (2)
    • 後述する設定マネージャを起動します。異なる複数の設定を、作成・管理することができます。
  3. 基本情報 (3)
    • 現在選択されている設定の基本情報が表示されます。
      • 名称
        設定作成時に入力した名称が表示されます。変更可能です。
      • ECUメーカー / ECUモデル
        設定作成時に選択したECUメーカーとモデルが表示されます。それぞれポップアップメニューになっているので、変更可能です。
      • 作成日時
        設定を作成した日時が表示されます。
  4. チャンネル設定 (4)
    • 基本設定で選択したECUに応じて、取得できるチャンネルが表示されます。SOLO DL内臓のセンサも含めて、チャンネルごとに下記の設定が可能です。
      • 有効/無効
        記録する必要がないチャンネルは、「無効」にします。当該チャンネルのデータは記録されませんが、記録時間を長くすることができます。
      • チャンネル名称
        チャンネルに任意の名称をつけることができます。ただし、使用できるのは英数字のみです。データロガー側が対応していないので、日本語は使用しないでください。
      • サンプリングレート
        チャンネルのデータを記録する周波数を設定します。例えば、10Hzにすると、毎秒10回(0.1秒毎)の記録となります。サンプリングレートを大きくすると、より細かな解析が可能になりますが、記録時間は短くなります。
        No_Memを選択するとデータは記録されませんが、チャンネルを無効にする場合と異なり、ディスプレイへの表示は可能です。
        選択できるサンプリングレートはチャンネルにより異なります。
      • 単位
        チャンネルによっては、表示桁数などを変更できます。
  5. その他の設定 (5)
    • ギアセンサ設定
      ギアセンサの設定を行います。利用しない場合は「なし」、ECUから取得するギア値を使用する場合は「ECU」、速度と回転数の比率から計算させる場合は「算出」を選択します。算出させる場合は最大ギアの数を入力します。
    • SmartyCam設定
      SmartyCamの仮想チャンネルと、SOLO DLのチャンネルとの割り当てを行います。

設定マネージャ

SOLO DL 設定マネージャ
メイン画面左上の「設定マネージャ」ボタンをクリックすると、図のようなダイアログが表示されます。複数の設定を作成・管理できます。

使用・変更したい設定を選択して、「OK」をクリックすると、メイン画面に戻れます。なお、Race Studio 2を再起動した際には、最後に選択された設定が自動的に読み込まれます。
ECUメーカーとモデルは、ここでもポップアップメニューから変更することができます。

ダイアログ上部には、設定データベースの操作ボタンがまとめられています。

  • 新規作成
    新たな設定を作成します。
  • 削除
    選択している設定を削除します。
  • 複製
    選択している設定のコピーを作成し、データベースに新たに登録します。
  • 読み込み
    他のコンピュータで書き出した設定を読み込んで、データベースに新たに登録します。
  • 書き出し
    他のコンピュータで読み込めるように、選択している設定をファイルに書き出します。

Comments