データダウンロード

データロガーから、走行時に記録されたデータをダウンロードする方法の詳細です。

ダウンロードする際のソフトウェアの操作手順は、データロガーの種類により異なります。

ダウンロード作業を開始するまでの手順は、全てのロガーで共通です。

1. データロガーとPCを専用ケーブルなどで接続します。データキーやメモリーキーはUSBポートに接続します。
2. データロガーの電源を入れます。
3. 「ダウンロード」メニューを選択するか、「ダウンロード」ボタンをクリックします。
機種ごとの手順は下記のとおりです。



MYCHRON3シリーズおよびDaVid

ダウンロードを開始すると、図のようなダイアログが表示されます。

一番上のプログレスバーで、データのダウンロード状況が確認できます。100%になってダウンロードが完了すると、「✓保存」ボタンがアクティブになります。

デフォルトのまま保存すると、Race Studio 2のインストールディレクトリ内のDATAフォルダ内に、"NEW.DRK"という名称で保存されます。

  • 保存先を変更する場合、「参照」ボタンをクリックして、別のフォルダを指定してください。
  • 名称を変更するには、名称フィールドに入力してください。
    • 既に同じ名称のテストが存在している場合、警告ダイアログが表示されます。もう一度入力しなおすか、名称の後に数字を自動的に追加して保存するか選択してください。
  • それ以外のテストのプロパティを設定しておくと、後で解析する際にデータを検索しやすくなります。メニューから選択して指定しておくことをお勧めします。
    • メニューに新たな項目を追加する場合には、「追加 / 編集」ボタンをクリックして、プロパティを追加します。
    • テストプロパティの実際の活用方法については、検索条件を利用するを参照してください。
  • 「データを保存後ロガーメモリを消去」ボックスにチェックを入れると、データが正常に保存された後、ロガーメモリが消去されます。デフォルトではチェックが入った状態です。
    • チェックをはずすと、ロガーメモリは消去されませんが、ダウンロード終了後にクリアするかどうか確認するダイアログが表示されます。


それ以外のデータロガー(データキーなども含む)

MXLシリーズ以降のAimデータロガーは、サイクリック記録(メモリがフルになると古いデータから削除する)となっているため、ダウンロードファイルの選択方法も変わりました。

ダウンロードを開始すると、図のようなダイアログが表示されます(データキーの例)。

データロガーに含まれるデータがリストで表示される(7)ので、ダウンロードしたいデータを選択して、「ダウンロード」ボタン(10)をクリックします。

ダウンロードする前に、ファイルの命名規則などを、必要に応じて変更しておきます。

データロガーによっては、ダウンロード終了後にテストプロパティの設定ダイアログが表示されるます(なお、データキーなどではロガー側で設定したドライバー名称などのプロパティが自動的に設定されるためこのダイアログは表示されません)。テストプロパティの実際の活用方法については、検索条件を利用するを参照してください

各部詳細は次の通りです。
  1. データを保存するフォルダが表示されます。変更する場合には「フォルダ選択」ボタンをクリックします。
  2. 保存される際に、自動的に割り当てられるファイル名称の規則が表示されます。変更するには、「DRKファイル名称」ボタンをクリックします。
  3. リストに表示されるデータを、全て選択したり、全ての選択を解除したりします。
  4. ダウンロード済みのファイルなどをリストに表示させないようにするには、オプション(5)で設定した上で、このボタンで切り替えます。「隠す」マークが付いているファイルの表示のON/OFFを切り替えます。
  5. 上記「隠す」マークなど、いくつかの設定を行います
  6. リストに表示する項目を設定します
  7. データロガーに含まれているデータを一覧表示します。通常、ダウンロードされていないデータは、自動的に選択されます。
  8. データロガーに含まれているデータをクリアします。
  9. 選択したデータをダウンロードした後で、含まれているデータをクリアします。
  10. 選択したデータをダウンロードします。

DRKファイル名称

DRKファイルの自動命名規則を設定します。図はデータキーの例です。

右側の選択可能な項目から必要なものを追加したり、選択済みの項目から不要なものを削除できます。
また、選択済みの項目の表示順序を「上に移動」「下に移動」で変更できます。

カスタムテキスト項目は、「カスタムテキスト」フィールドに入力した上で、「名称に追加」ボタンをクリックして追加します。この入力内容は固定テキストとなります。

オプション

「隠す」設定などを行います。図はデータキーの例です。

データキーでは、「隠す」マークを自動的に付加する方法を設定します。

MXLなどでは、「1周分しかない走行を自動的に隠す」ボックスの代わりに、ダウンロードするデータをどのように保存するかを設定できます。走行毎に別のファイルに保存したり、全て一つのファイルにまとめたりすることができます。

リスト表示項目設定

ロガーに含まれているデータを一覧表示する際に、表示する項目列を選択できます。

Comments